• お取引の流れ

金属素材

金属といえば、まず頭に浮かぶのは鉄(スチール)ですが世の中には様々な金属素材があり、ものづくりにおいて素材選びも重要なポイントのひとつとなります。製品の目的や仕様、加工方法等適切な素材選びをアドバイスをいたします。

鉄【Fe:Iron】
特徴
  • 安価
  • 種類が豊富、種類により特徴が異なる
メモ 鉄は安価で加工しやすく、私たちにとって、とっても身近な金属です。鉄はサビやすいという性質をもっていますから、メッキをしたり、塗装をしたりすることで、サビの進行を抑えることができます。でも鉄と言っても、いろんな種類があり、使う場所や製品で、向き、不向きがあり、それぞれに適応した材質があります。わたしたちが板金加工でよく使う鉄は、SPCC、SPHC、ボンデ鋼板、亜鉛鋼板などです。なんか頭が痛くなりそうな名前ですね。
【SPCC】 SPCCは打ち抜き、曲げ加工用として安価でできます。あとでメッキ処理する場合におすすめです。
【SPHC】 SPHCは電気器具、鋼製什器、車両、配電箱など室外によく使われています。 SPHCもSPCC同様、あとでメッキ処理する場合におすすめです。
【ボンデ鋼板】 ボンデ鋼板は、白っぽくてざらついた感触。下地処理されているから、塗装がしやすく色乗りも良く、塗装して、ちょっと格好良くみせたい場合にはおすすめです。
【亜鉛鋼板】 亜鉛鋼板はSPCC材に亜鉛メッキを施したもので、サビにくい鋼板です。耐食性に優れつるつるに近い手触りで、塗装せずに使用されることが多く、ある程度サビに強いので室外で使用する場合におすすめです。
製品事例
アルミニウム【Al:Aluminium】
特徴
  • 耐食性に優れている
  • 加工がしやすい。成形性がよい。
  • 軽量
一般的な用途 飲料缶、台所製品、避雷針、1円硬貨
メモ アルミニウムは飲料缶、台所製品、避雷針や1円硬貨など、私達の生活にはなくてはならないものとして活躍しています。耐食性に優れ、加工がしやすく、何より軽量で、加工がしやすいため、板金加工、精密板金加工にも向いています。 またアルミニウムにも成分や材質により数種類のものがあり(JIS規格 H4000 アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条)わたしたちがよく使うアルミの材質はA5052という中程度の強度をもった合金です。
ステンレス
【Stain-less】
特徴
  • サビにくい(サビないわけではない)
  • 耐腐食、耐酸、耐熱に対して優れている
一般的な用途 水道、浄水場、厨房、包丁等の水回り製品
メモ ステンレスは、サビにくく、加えて耐腐食、耐酸、耐熱に対しても優れた特性をもっています。又、溶接性も良いので金属加工にも向いています。ステンレスはサビにくいという性質を生かして水道、浄水場、厨房、包丁や水回り製品など私たちの身近にあふれた金属として親しまれています。わたしたちがよく使うテンレス綱はSUS304(サスサンマルヨン)とSUS430(サスヨンサンマル)です。
SUS304はSUS430に比べて耐酸、耐食性に優れていますが、kg単価が高くSUS430の方が安くそして磁石がくっつきます。
SUS304のステンレスでは高級感を出すために研磨されたヘアーラインがあります。ステンレス表札やポスト、インターホンなど質感のあるステンレスを使用したものがほしいという方には、おすすめです。くどいようですが、ステンレスはサビないのではなく、サビにくいという性格ということをお忘れなく。
製品事例  
銅【Cu:Copper】
特徴
  • 電導性、熱伝導性に優れている
一般的な用途 鍋、半導体関連部品、金型材料、10円玉(青銅製)、5円玉(黄銅製)、100円玉(白銅)
メモ 電気をよく通すことから電気器具の配線、部品などによく使われ、熱をよく伝える性質は鍋などに生かされています。銅は加工しやすく、伸ばしたり叩たりしても大丈夫。加工性に優れ絞り加工などが容易にできます。また銅は銅以上に電気を通す銀などに比べてコストが安いです。
真鍮【Brass】
特徴
  • 見た目に美しい。光沢がある
  • 耐食性に優れている
  • 加工がしやすい
  • サビにくい
一般的な用途 ベルトのバックル、水道の蛇口、時計用の歯車、管楽器など
メモ 真鍮は見た目は光沢もありゴールドのような黄金色のきれいな金属です。銅合金(銅と亜鉛の合金)の一種で、別名、黄銅とも言われています。
サビにくく、切削性に優れ耐食性も高く、加工もしやすいので金物製作で広く利用されています。
ヨーロッパでは古くから幸福をもたらす金属として、生活の様々な場面で使われています。使い込むほどに味わいのある真鍮はインテリアとしてもお薦めしたい金属素材です。
製品事例
チタン【Ti:Titanium】
特徴
  • サビない
  • 高い強度
  • 軽量
一般的な用途 航空機の構造体、ロケットなどの部品、人工歯根や人工関節/人工骨、ピアス
メモ アルミと同程度の軽さで、ステンレス以上の強度があり、サビない金属です。航空機の構造体、ロケット、ジェットエンジンの部品などに使われています。
軽いだけでなく、汗などで金属がイオン化しないので、金属アレルギーを起こしにくく、ピアスやペンダントなどの装飾品などにも最適です。

HOME金属素材板金加工加工製品一覧主要設備よくある質問お取引の流れ
会社概要・アクセスマップ個人情報の取扱いについてサイトマップお問合せ